■見出しタイトル

■トップ記事本文

激しい乾燥肌の方は、脱毛時に要注意です

肌の質って人それぞれ違います。オイリー肌、敏感肌、乾燥肌・・・などと本当にいろいろとあります。そこで、脱毛したいと思った時にも、この肌質は大きく関係しているんです。肌質によってよくない方法で脱毛をしてしまうと、返って逆効果となり肌が汚くなってしまうので要注意です。

 

特に、激しい乾燥肌だという人は注意が必要です。いろんな脱毛法がありますが、たとえばIPL脱毛の場合だと乾燥肌の人はやけどをする恐れがあります。肌が乾燥しているところに光を照射していくことになるからです。

 

また、乾燥していることで痛みも感じやすくなる傾向にあります。なので、脱毛前には保湿クリームを塗っておくなどしておきましょう。特に、季節でいうと冬は普通の人でも乾燥しやすいので、さらに念入りな保湿ケアが必要になってきます。

 

そして、サロンで脱毛した場合、施術後にアフターケアをしっかりとしてくれるかどうかも重要な点です。このひと手間を丁寧にしてもらうのともらわないのとで、肌が大きく変わります。また、毎日入浴後に保湿クリームを塗るなどの、自己ケアもまめにやってみましょう。肌質を変えることはできませんが、ひどくならないように防ぐことはできるのでがんばりましょう。

脱毛をできない時っていつなの?

脱毛を始めると計画通りに進めたいところですが、うまくいかない場合もあるんです。特に女性の場合は、生理に妊娠中、産後間もないころはできないことになっています。

 

生理のとき、女性の体は血液が不足します。つまり血流が悪くなっているんです。そして、肌の調子が悪くなることもあるんです。そんな状態の時に脱毛を行うと、肌へ負担がかかってしまうことになります。生理中に脱毛することで、肌がヒリヒリしてきたり乾燥するようになってしまうんです。生理中は、普段とは体調が違うということを覚えておいて、脱毛は控えなければいけません。

また、生理以外には妊娠中も脱毛できなくなります。妊娠中はちょっとした痛みなどに敏感に反応するようになっています。痛みが刺激やストレスになったり、陣痛を誘発する恐れもあるといわれています。脱毛できる箇所、すべてが妊娠中はおすすめできません。赤ちゃんに影響が出ても困るので、極力控えるにこしたことはありません。

 

産後もホルモンバランスが崩れていますし、出血がまだある場合もあるので、体調が万全ではありません。大丈夫と思っても、無理をせずにやめるようにしましょう。脱毛できない時というのをしっかりと知っておくことで、正しく脱毛することができるからです。

Vラインにニキビが!

Vラインにニキビができてしまいました。

 

いわゆる大人ニキビというやつでしょうかね。学生時代に散々困らせてくれたニキビが今度はビキニラインにやってきました。もっと困ります。ある意味で顔にできるよりも困ります。なにせ、痒い。とにかく痒い。別の部分よりと比にならないくらい痒くていらいらします。試しに、下着を履かずに生活していたけれども、やはりだめだった。むしろ気にしてしまってさらにだめだった。ので、ほかに改善方法を探した結果、ついに見つかりました。それは、脱毛することです。

 

何という根本的解決なのでしょう。学生時代よりも増えてしまっていたためにVラインにニキビができてしまっていたのでしょう。自分で処理してしまっては、ニキビ跡が残ってしまうかもしれないし、これから、もっとニキビが増えてくるかもしれない夏だしなあ、ということで、思い切って脱毛することにしました。今決めました。もしかしたら、ビキニを着るなんてことになるかもしれないし、脱毛して損はないよね。と思います。いや、そんなことよりもこの不快感から永遠にさよならできるのなら、今すぐにでも脱毛サロンに直行したい気分です。

 

ああ、本当寝るのにも集中できないというのはつらいとにかくつらいです。Vラインの脱毛は恥ずかしいかもなんて考えている暇すらないかもしれません。このままいるくらいなら、多少の恥ずかしさくらいなら、どうってことない気がしてきました。そもそも、恥ずかしさなんて問題ではなかった気が。

 

ともかく、明日、Vラインにニキビなんてことが二度とないように脱毛サロンに向かいます。

 

http://vライン処理.net/

 

 

最近見つけた↑のサイトを参考にVラインをキレイに処理してみせます!!

ビキニラインの悩みはつきもの

ビキニラインの悩みは誰にでもつきものなのではないかと思います。私も人と比べて濃くて、友人との温泉旅行の際にそれを思い知って、もうそれから、友人と旅行にいけなくなりました。

 

それだけならまだしも、脱毛をしようと思っても、こんなに濃い人がほかにいるのだろうか、こんな体を見せたくない、とばかり考えてしまって、今一歩が踏み出せませんでした。ある日、このままでは何も変われないと思い、勇気をふりしぼって、脱毛サロンに行ってみました。スタッフとのカウンセリングで、心配しなくてもみんな同じようなところに毛が生えていますよ、と聞いてほっと安心できました。やはり、自分だけが濃いのではないかと思うことはよくないことです。自分を責めるよりもまず、解決策を見つけた方がいいです。ということがわかりました。

 

ビキニラインの悩みはひとには相談しにくい部位ですし、どうしても気になる方は、専門家のいる脱毛サロンに相談するのが一番の解決策ですね。私ももう少し早く気付いていればなあ、と思ってます。それに、今はやりの光脱毛は濃い方が効果が出やすいので、むしろ得なんじゃないのか、とさえ思ってます。私は、施術を開始して、一年くらいですが、自己処理もあまりいらないくらいになってきました。

 

今年の夏には、ビキニを着たり、冬には、温泉にも問題なくいけそうです。ビキニラインの悩みがある方は、一人で深く考えるよりも、思い切って脱毛サロンにいくのがいいでしょう。と今の私はそういえます。

 

ページの先頭へ